ロゴ|ママスクエア

ママが子供のそばで働ける保育園でもない、在宅でもない、
新しいワーキングスタイル| 本部 マーケティング室 竹内 祐介

一緒に働きませんか? ママスクエアの採用情報|ママスクエア
ホーム > スタッフの声一覧 > 本部 マーケティング室 竹内 祐介
takeuchi

ママスクエアの仕組みで
世の中にインパクトを起こしたい

本部 マーケティング室 
竹内 祐介

YUSUKE TAKEUCHI

  • 独身男子
  • 本部スタッフ
  • フルタイム

Q1 - 入社のきっかけは?

前職はオンライン教育の マーケティングを担当。新しいライフスタイルの創出と社会的意義のある事業という点に魅力を感じ、7年間事業拡大に奔走していました。
そして2016年、ママスクエアに出会い、前職で魅力に感じていた二点がまずは適うこと。更に、時代の潮流にのった圧倒的なフォローウィンドの環境下でチャレンジできることが自身の成長に繋がると確信し、ママスクエアに入社しました。


Q2 - ママスクエアはどんな会社?

まずもってはママで構成されたた会社です。ほぼママさん。なのでほぼ女性。男性は数名です。特に肩身が狭いというわけではないですが、気は遣うかもしれませんね(笑)
ママスクエアで働く全スタッフに共通して感じることは、モチベーションが高いということ。キャリアを継続させたい、ママの地位向上をはかりたい、そんなママたちが非常に多い。仕事に対してポジティブに取り組む姿勢が一緒に働いていて気持ちがいいです。互いに高め合い、シナジーが生まれ、それがアウトプットに活きているように思います。

Q3 - あなたが共感するママスクエアのミッション・クレドは?

「ゼロイチ」
これまでになかった新たなライフスタイルを創る、というこの事業自体がゼロイチ。世の中を変えるイチを創る。大変なやりがいを感じます。
あと3期目という若い会社なので、まだまだ整備されていない会社のルールを自分で創っていかなければという使命感、自分でドライブをかけて社内外を動かしていけるという躍動感を日々日々体感しています。

Q4 - ママスクエアでのあなたのミッションと仕事のやりがいは?

事業拡大をミッションとし、BPOアウトソーシングのアカウント対応からアライアンス、新店開発まで幅広く担当しています。フォローウィンドにより、引き合いを多く頂けること、更には各社上層部の方とのコンタクトがとれること、本当にありがたいことと感じています。この1年を振り返っても、一部上場の役員クラスの方と折衝できている案件は10件以上。現在も某業界の最大手企業さんから、社長直轄案件として、共創事業のお話しを頂戴し、がっぷりよつに企画進行をしている状況です。
大きなビジネスチャンスが目の前にある。生かすも殺すも自分次第。大変なやりがいを感じます。

Q5 - 今後の目標は?

世の中に影響を与えている、と自信をもって言えるようになりたいですね。
例えば、ママスクエアがリーディングカンパニーとして、この新しいマーケットを牽引し、旧来の仕組みでは働けなかった育児中のママたちが数十万単位で働けるようになる。日本の労働力の下支えに貢献している。
例えば、全国の育児中のママたちにキャリアアップの機会を創出。スキルアップした、数十万単位のママたちが世に羽ばたいてく。日本の生産性を引き上げていく。
そんなインパクトを起こしたいと思っています。