ロゴ|ママスクエア

ママが子供のそばで働ける保育園でもない、在宅でもない、
新しいワーキングスタイル| 本部 人財開発室 菊地 唯

一緒に働きませんか? ママスクエアの採用情報|ママスクエア
ホーム > スタッフの声一覧 > 本部 人財開発室 菊地 唯
kikuchi

「ママスクエアを待っていた!」
この言葉が私の原動力です

本部 人財開発室 
菊地 唯

YUI KIKUCHI

  • 独身女子
  • 本部スタッフ
  • フルタイム

Q1 - 入社のきっかけ

以前はITソフトウェア会社で事務職とジュエリーの販売員をしていました。
女性のライフイベントである結婚・出産をしても働き続けていたい!とずっと考えていましたが、ライフイベントをきっかけに退職していく上司や同僚を目の当たりにし、働き続けるられることが当たり前ではないんだと痛感していました。
そこで運命的に出会ったのがママスクエアです。待機児童問題など、世の中には働きたくても働けないママがたくさんいます。雇用と保育を一気に解決する、今の日本に必要不可欠な事業をしているママスクエアで働くことが出来たら、大きなやりがいに繋がるだろうと確信し、入社しました。

Q2 - ママスクエアはどんな会社?

ママスクエアにはいろいろなタイプの方がいます。
バックグランドも様々ですが、向かうところは同じママスクエアのミッションであるからこそ、皆で様々な意見を出し合い、相談し、悩み、実行に移すことができる。いろいろなタイプの方がいますが、共通することは仕事に対する熱意ですね。子どもとママの笑顔のゴールに向かって一直線に業務を遂行しています。

Q3 - あなたが共感するママスクエアのミッション・クレドは?

感謝」です。
ママスクエアに入社してから、いつもの日常に感謝が溢れているんだなと改めて感じました。
いつでも味方でいてくれる家族がいること、話しを聞いてくれる友人がいることも感謝だなと。
「働くこと」も感謝の1つで、ママスクエアで働いていること、ママスクエアの一員として一緒にミッションに向かわせてもらっていることにとても感謝しています。
説明会でも「感謝」についてお話しさせて頂いていますが、自分が話しているのにうるっとしてしまう時があります(笑)

Q4 - ママスクエアでのあなたのミッションと仕事のやりがいは?

ママスクエア全般の採用を担当しています。私のミッションは日本で初めての事業に挑戦するママスクエアに必要不可欠な人員構成の達成であり、今後も店舗展開を進めていく中で、重要なミッションになります。
ママスクエアのメンバー1人1人の力でママスクエアは成り立っています。
だからこそ、入社された方がイキイキと働いている姿を見ることができたり、成果を出している姿を見ると本当にやりがいを感じます。
月に100人以上のママさんとお会いしていますが、「ママスクエアのような会社を待っていた」と仰っていただく方も多く、私の原動力になっています。

Q5 - 今後の目標は?

ママスクエアと聞いたら、どんな会社でどんな事業をしているのか大多数の人に知ってもらえるように認知度を上げたいと思っています!私自身、ママスクエアで働いていることを友人などに伝えると「どんな会社?」と聞かれることも。1から説明すると、「すごく良い会社!そんな会社あったんだ!」と言ってもらえます。今後は、「ママスクエア」でママスクエアの事業が通じるようにしていくことが目標です。これはイコール「子どものそばで働ける世の中」が当たり前になり、子育て中のママや女性の活躍できる場が増えることに繋がると思います。
ママスクエアの一員として、ママスクエアのミッションに向かい続けて行きたいと思います。